2017年7月31日月曜日

まとめて更新ハゼクラ&アジングロッド作り

お久しぶりです。
色々、忙しくて更新が滞っていましたが、まぁ釣りだけはいってましたのでまとめて更新です。

誘われたのでアジングに初めていっていってきました。これが面白い
アジング向けのロッドを買うのと、ボートアジング向けにショートロッドが欲しくなり自作してしまいました
使用したものは下記のとおりです

品名

ブランクス
ジャストエースAMI632T【Tubular Model】
バット側を短く切って5.5ftにした
リールシート
B VSS KN16B

matagi EVAグリップ
EVSS16-RP24
内径11mm
リールシートスクリュー側専用ワインディングチェック
D16-FR
16-10.5カラーレッド
バットエンドパーツ AEC-CAP27R
KNフード用カラーパターンカーボンパイプ KN-16用 レッド
KNフード用カーボンパイプ専用トップリング
K-16CBTOP
レッド
KNフード用カーボンパイプ専用ボトムリング
K-16CBDOWN
レッド

ブランクはアジング向けのジャストエースでマグナムテーパーと呼んでいるティップからバットまで極端にラッパ状になったブランクです。これは6.3ftのチューブラです、これをボートアジング向けに5.5ftに短くしました。

ガイドはオールトルザイトで

品名
サイズ 個数
T-KLTG-H
12
1
T-KLTG-M
6
1
T-KLTG-L
5.5
1
T-KTTG
4
4
T-KGTT(F型)
4F-1.2
1

ガイドセッテイングはFUJIのガイドセッテイングを参考にアジング向けにトップガイドから
5.5cm
6.5cm
7.5cm
9.0cm
14.5cm
23.0cm
31.0cm
としました
グリップ周りはこんな感じです

赤を基調としたメタルパーツ


仮止めしてベンドカーブをチェック
仮止めして実釣



仮止めでの15cmのヒネハゼ
仮止めで釣りをしたところ問題がなく15cmのヒネハゼもつれたのでガイドセッテイングはOKとしました。

で完成したところでまずはハゼ実釣です





ヒネもゲット(15cm)








 まぁ問題なさそうです。
これでアジングの実釣にいけます
でアジングの成果は、赤潮が出ていて、かなり厳しい状況でしたが

3名で50匹弱

外道で45cmの黒鯛も



 結果、アジングでしっかりアタリがとれました。また04号(2.2lb)のラインでヒヤヒヤものでしたがバットがしっかりしたブランクで45cmの黒鯛も釣れよりロッドのテストになりました。

でアジングの翌週は
江戸川放水路でハゼクラ部のオフ会に参加しました

いやー渋かった、魚の居場所が見つからずオフ会のトーナメントはノーフィッシュでした
まぁ1匹つれたですが、写真のとおりあまりに釣れずリリースしました。

今回はロブルアーさん、ムカイさん、リライトさん協賛のイベントでした。

ハゼクラのイワシンさんと吉田さん

エリアトラウトでも有名はマックス田中さん

詳しくはロブルアーのブログでどうぞ

で今週までの成果をとりあえず貼っときます
ニューロッドとしてヤマガブランクスのブルーカレントのベイトモデルを買ったので


コイツを買いました
ブルカレ入魂

チチブも

ブルカレでも初ヒネハゼ14cm




で今週の成果は土曜、日曜はアジングロッドの調子を見るため2日ともアジングロッドでトライしました
土曜日は午後4時からの釣行ですが、なんと雨まじりの天気、雨が強いとアタリはなく雨が弱くなるとアタリがでるといった感じでしたがヒネもでてまぁまぁな感じでしたが、6時前に雷がなりだしたので退散しました


まずはトレモ


とんにかくトレモ釣れますIWASHIN SP3のラトル入りで15cm






で次の日曜日も3時から6時までの釣行です、どうしてもマイクロスプーンで釣りたかったのでまずはマイクロスプーンで


 アジングロッドはエキストラファーストテーパで極端な先調子、マイクロスプーンで掛けるつりには、いい感じです、ただクランクでは弾く感じでバラシが若干多くなるかんじでした。やはりクランクはファーストからレギュラーよりの調子のほうがやりやすいです。
クランク向けにもう一本竿つくろうかなぁ



ザンムMR28でヒネさん15cm
一通りスプーンでの釣りの後はクランクですがザンムのMR28がめちゃくちゃ良かったですもうアタリまくりで深場に投げるとヒネの15cmまで釣れこの日のMVPでしたねー
これでラトルが入っていたら無敵なんですが

ということで更新が滞っておりましたが釣りは順調にこなしていました(^o^)

更新頻度が下がらないようにがんばりたいと思いますが、なにぶん面倒くさがりのため、なにとぞ生暖かく見守ってください 。








2017年6月11日日曜日

ハゼロッド作り&ハゼクラ開幕!?

久しぶり更新です。
このところ釣りにはいっていましたが、ハゼクラはまだまだな感じ。

釣りの合間にこんなことをやっておりました
ロッド作りです、まずは最初なので使っていない鱒レンジャーのリメイクです

部品リストは次のとおりすべて日本橋のサバロで購入です
リールシート PMTSシリーズ
PTSK17/ASH
KSKフード用メッシュカーボンパイプ(MATAGI)
CB-K18SSC
(ツヤ有り)
KSKフード用カーボンパイプ専用トップリング(MATAGI)
KSK17-CBTPO
ゴールド
KSKフード用カーボンパイプ専用ボトムリング(MATAGI)
KSK17-CBDOWN
ゴールド
FUJI メタルパーツ
DRHシリーズ(ナットリング)

23mm
A-GDRH
コルクアーバー(ジャストエース)
CA15
EVAグリップ(FUJI)
E-TGP-S300-27
ジャストエース
カーボンパイプ(艶消しブラック)
内径:8mm 外径:10mm

エンドキャップ(ジャストエース)
AEC-CAP・AL-CAP
ゴールド
リールシートスクリュー側専用ワインディングチェック(MATAGI)
D16-FR
16-8.0
パープル

リールシートのフードにカーボンパイプとリングを組み合わせてます
カーボンフードは長めなのでルーターでパイプに合うようにカットしました


グリップはEVAですFUJIのE-TGP-S300-27を18cmにカットしました
グリップ内部はカーボンパイプを通してブランクをカーボンパイプで補強します

組み合わせたところ

アバーの内径は棒ヤスリで削ってブランクに通します
ブランクは鱒レンジャーの4ftをバラしました、写真は撮り忘れましたが、他のサイトに鱒レンジャーの改造はたくさんありますので他サイトを参考にしてください、バラしたらグリップの装着位置にコルクアーバをいれてリールシートのパイプのスキマを埋めますあとはエポキシで接着です
エポキシを混ぜ混ぜして接着しました

カーボンパイプとブランくのスキマはタコ糸を巻いてスキマをうめます

FUJI メタルパーツシリーズ(ナットリング)をグリップを接着するませにシート側に接着します
このあとタコ糸にたっぷりエポキシ接着剤をつけてグリップを接着します。
グリップが接着しましたらエンドキャップを取り付けてグリップは完成です

グリップのスクリュー側はブランクが見えてしまいカッコがわるいので、なんとかしようと思案したところちょうど良いワインディングチェックがあったのでそれを使いました(D16-FR 16-8.0パープル)
あとはラピーテープをつかってガイドセッテイングのためガイドを仮止めしました


チチブさんを2匹ほど釣って問題ないことを確認しました

この状態で釣りをしてガイドのセッテイングを見ます
最終的にガイドは次のとおりです
品名
サイズ
個数
PKWSG
10
1
PKWSG
5.5
1
PKBSG
4
1
PKTSG
4
2
T-FST
4.5-1.2
1
トップT-FST
8cmはなして
PKTSG
10cmはなして
PKTSG
15cmはなして
PKBSG
17cmはなして
PKWSG
19cmはなして
PKWSG
というセッテングです
あとはガイドをスレッドでまいてコーティングして完成です(詳しくはジャストエースの動画を参考にしてください)

で今週末になんとか完成したのでハゼ釣りにGOです
昨日の6月10日は

なんとかおチビさんのデキハゼで入魂完了です(^o^)

今日(6月11日)は午後3時から2時間ほどの釣行です



チチブ&デキハゼ3匹でした、デキハゼはまだまだ小さいですが、釣れ始めたので
ハゼクラ開幕を宣言します。
しかしロッドビルディングはハマりますねーハゼ用のベイトロッドはKYOTOFLYさんのとこでしかないので、もうちょっとショートなロッドがいつもの運河ではいいので作ってみましたがこんどはブランク選びから真剣にやってみようかと思います。
まぁこんな酔狂なことをする人はいないとは思いますがガイドセッテイングは公開したので参考にしてみてください。
それでは